シニアのためのオーディション

芸能界で活躍するためには、タレント事務所や養成スクールのオーディションに合格してレッスンなどを受けるのが一般的です。オーディションと聞くと、子役や高校生など若い年齢を対象にしたものをイメージする方も多いでしょう。しかし、シニアを対象にしたオーディションも行われています。このサイトでは、シニア部門のオーディションについて紹介していきます。

シニア部門を対象にしたオーディションが行われるようになった背景としては、若い年齢にはない魅力をシニアが持っていることがあります。人生経験が演技に反映されるため、深みが出ます。また、シニアタレントは数が少ないため、需要が高いこともオーディションが活発に行われている理由といえるでしょう。

シニアタレントのオーディションでは、面談や演技などが行われます。基本的には、演技のレベルで判断されることは少なく、取り組む姿勢を審査員は見ています。面談でも仕事に対するやる気や情熱を伝えることができれば、合格する可能性は高くなります。演技の技術に関しては、合格してからのレッスンで補うことができるため、演技未経験の方でもチャンスはあります。

シニアタレントは、ドラマや映画、舞台など活躍できる幅が広いです。エキストラの仕事も多く、実戦経験を積みながら仕事をすることもできます。昔、諦めかけていた夢を追いかけてみるのも良いでしょう。シニアタレントに求められることやオーディションの内容を紹介するので参考にしてみてください。

関連サイト|オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト