受かったらどうなるの?

シニアタレントに合格した後には、レッスンやエキストラに参加しながら役者としてのスキルを磨いていくことになります。シニアタレントが活躍する現場としては、映画やドラマ、舞台が中心であり、これらの現場で活躍するには演技力が必要不可欠です。また、テレビCMなどに出演する方もいますが、そこでも演技をする機会は多いため、シニアタレントとして活躍したい人は積極的にレッスンに参加しましょう。

シニアタレントの中には、大学時代などに演技経験を積んでいた人もいますが、初めて演技に挑戦するという人もいます。そうした方でも、プロから発生方法や演技のポイントの指導を受けることで問題なく演技をすることができるようになります。もちろん、練習は必要ですが、シニアタレントとして活躍したいという情熱があればカバーできるでしょう。

シニアタレントの需要は高く、エキストラやオーディションなどの機会にも恵まれています。そうした現場で演技経験を積み重ねていくことで、信頼を勝ち取ることができ、クライアントからの指名につながる可能性もあります。自分が好きな演技の仕事をすることで、お金を貰えるため、達成感や満足度も高いです。昔あこがれていた演技の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

オーディション内容

シニアタレントとして活躍するためにはオーディションに合格する必要があります。ここでは、シニアタレントのオーディション内容について紹介していきます。これから、オーディションへの参加を考えている方は参考にしてみてください。

シニアタレントのオーディションは、その事務所やスクールによって様々です。例えば、多くで取り入れられているのが、面談です。そこでは、これまでの人生経験を聞かれることが多く、そこから応募者の個性や情熱を判断します。芸能界で活躍するためには、やる気や情熱などは欠かせません。そのため、面談では自分の想いをしっかりと伝えるようにしましょう。

また、簡単な演技審査をするところもあります。しかし、その場合も完璧な演技は求められていません。面談と同じく応募者の演技に取り組む姿勢を見ていることが多いです。もしも演技について不安な場合には、発声練習など自分でできることを行っても良いでしょう。しかし、自己流のレッスンでは限界があるため、指導を受けるのもおすすめです。オーディションに合格することができれば、演技の専門家からレッスンを受けることができます。そのため、演技力については後から伸ばしていくことは可能です。

シニアタレントに求められるもの

シニアタレントのオーディションに合格するためには、求められていることをしることが近道です。一般的にシニア世代には若い世代にはない貫禄や経験が求められます。人生を通していろんなことを経験してきたからこそ出せる深みなどはシニア世代ならではです。

現代では、テレビや映画などシニア世代の需要は増加傾向にあります。エキストラの募集も増えているため、第二の人生をタレントとして過ごす方もいるようです。シニアタレントには、先ほど紹介した深み以外にも、自己管理能力が必要になります。健康管理や時間を守るなどのスケジュール管理などを守ることは徹底しましょう。健康管理としては、体型に気をつけることが大切です。加齢によって、生活習慣の影響を受けやすくなりがちですが、体型維持に努めましょう。

また、オーディションや面接などで、時間に余裕があることを伝えることも有効です。撮影や映画のオーディションは急に予定が決まることも多いため、それらに対応できるということは他の応募者との差別化につながります。一般の職業に勤めていた方が、シニアタレントとしてデビューしてブレイクすることもあります。オーディションに応募するときには、その会社が何を求めているのかを意識して臨みましょう。

シニアのためのオーディション

芸能界で活躍するためには、タレント事務所や養成スクールのオーディションに合格してレッスンなどを受けるのが一般的です。オーディションと聞くと、子役や高校生など若い年齢を対象にしたものをイメージする方も多いでしょう。しかし、シニアを対象にしたオーディションも行われています。このサイトでは、シニア部門のオーディションについて紹介していきます。

シニア部門を対象にしたオーディションが行われるようになった背景としては、若い年齢にはない魅力をシニアが持っていることがあります。人生経験が演技に反映されるため、深みが出ます。また、シニアタレントは数が少ないため、需要が高いこともオーディションが活発に行われている理由といえるでしょう。

シニアタレントのオーディションでは、面談や演技などが行われます。基本的には、演技のレベルで判断されることは少なく、取り組む姿勢を審査員は見ています。面談でも仕事に対するやる気や情熱を伝えることができれば、合格する可能性は高くなります。演技の技術に関しては、合格してからのレッスンで補うことができるため、演技未経験の方でもチャンスはあります。

シニアタレントは、ドラマや映画、舞台など活躍できる幅が広いです。エキストラの仕事も多く、実戦経験を積みながら仕事をすることもできます。昔、諦めかけていた夢を追いかけてみるのも良いでしょう。シニアタレントに求められることやオーディションの内容を紹介するので参考にしてみてください。

関連サイト|オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト